武勇伝(ママチャリの旅)について書かれています。チャリの旅はいいよ〜!

[PR]■□【毎日懸賞】でデジカメや金券をGETしよう!□■ 毎日懸賞

2006年09月28日

第十四回武勇伝 高尾山リベンジ〜迷ってこそ〜

高尾山リベンジ〜新宿〜(『prologue』からの続き)


 8時に出発したブユウデニスト。ここから新宿までは知っている道であるし、地図なんてなくても余裕で行ける。

 ただ、この日は平日。しかも朝。なので大通りを通ると人がたくさん。

 しかし、大通りから外れると道に迷ったり、時間をロスすることになることは目に見えている。ということで仕方なく人ごみの中を突破していった。

 新宿への道はあまりにもおなじみなのでたいしたことはなかったのだが、九段の坂だけはきつかった。さすがのブユウデニストたちもここでは悲鳴をあげていた。


 新宿に着き、線路の下をくぐってふーっと一息ついていたら、零と81の姿がないではないか。

 ここは慌ててもしょうがないので、冷静に携帯電話で連絡を取り合う。鎌倉〜横須賀編でもはぐれたピンチがあったが、このときも携帯電話によってピンチを切り抜けていた。まぁでもやっぱひと月5000円も払ってるんだから、これぐらいやってくれなきゃあねぇ。改めて携帯すげー。


 再び線路の下をくぐり、新宿駅で合流してすぐに出発。

 しかし、ここでまたしてもアクシデントが。なぜか代々木駅に行ってしまったではないか。中央線の駅は代々木→新宿→大久保である。戻ってる?


 代々木駅前にて、第十三回武勇伝にてお世話になった「かつ屋」の看板を見て、ブユウデニストのテンションは上がる。

 迷ってしまったが、これもまた武勇伝。迷ってこそ武勇伝なのだ、とまだ時間にも余裕があった(?)っぽかったので、自らのミスを認めず調子に乗っていたブユウデニストであった。


 次回に続く
posted by ヅラ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 武勇伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。